購入の失敗例No.2

コレクションは“暴走”すると失敗する。以下、“暴走”の記録だ。

 

一般的に「作者不明」の作品は、作品の質に関係なく低い価格で取引される。次の作品も「作者不明」で出品されお値打ちな開始価格であった。よくあるパリの風景画であるが、街路樹マロニエの花の散り始めで、日本の桜吹雪のような趣がある。


さて、私は読みにくいサインからなぜか作者を特定できてしまった。キャロライン・バーネットであり、この瞬間から私の“暴走”が始まる。

 

“これに気づいたのは、私だけだ”と。

 

 

 

だから、割安な落札を予想し、しめしめとほくそ笑んだ。ところが、なぜか「作者不明」の割に入札者が多く、私も頭に血が上って次々と最高入札額を更新した。

 

結果、予算を大幅超過。

 

それだけではない、“暴走”していたので、額のチェックがスッカリ抜けてしまった。一応額はあったものの、マットにシミが出ていた。

 

以上、予算大幅超過+マット取替費という、予想外の出費に。これが“暴走”の顛末だ。

 

さて、マロニエといえば、ゴッホ作品『花咲くマロニエの枝」が参考になる。

 

(現在、パブリックドメイン)

 

私は、自分の購入した作品を見るたびに、このゴッホの絵を思い出すよう努めている。それは、少なからず心を癒やしてくれる。名画の効能だ。

 

Would you please click this for me?

My Art Collection →→→→ http://my-art.jugem.jp/?eid=1 ←←←←

 

JUGEMテーマ:絵画

 


スポンサーサイト

  • 2018.09.25 Tuesday
  • -
  • 12:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM