メナード美術館 画家たちの欧羅巴

コロナ禍により美術館・博物館が休館になっていたが、ほとんどが再開された。そこで、2020年6月5日から9月6日まで開催されるメナード美術館の展覧会『画家たちの欧羅巴』を見に行った。同美術館は愛知県小牧市所在。

 

 

 

 

初めて訪れる美術館で少なからず期待が膨らむ。

 

まず驚いたのが、平成28年11月18日に天皇皇后両陛下(現上皇上皇后両陛下)が行幸啓され、マリノ・マリーニの木像『馬と騎手(街の守護神)』を御親覧されている写真があったこと。地方の、しかも民間美術館に行幸啓されるとは、いかなる経緯があったのだろうか。(当時の新聞記事には「私的旅行」とされている)

 

ご訪問のお写真

宮内庁のサイトにも写真が掲載されていた。

 

さて、順路にしたがって感想を記す。

 

まずは「ロダンと日本の彫刻家」。彫刻が展示されていて、特にオーギュスト・ロダン『バルザック像(最終習作)』が、威風堂々としており良かった。

 

次は「憧れの欧羅巴」。ここにはセザンヌ・ルノワール・岸田劉生などの絵画があるが、正直興味を惹く作品は無かった。次の「ゴッホと日本」にも無かった。

 

その次の「仏蘭西に集った画家たち」に、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の『横たわる裸婦』があった。これが実に良い。全体的に乳白色が塗られており、その中でひときわ輝く女性の髪(金髪)。このコントラストに痺れてしまった。引用した画像が参考にならないほど“現物”は素晴らしい。

 

メナード美術館のサイトより引用

 

 

その興奮醒めやらぬうちに「もっとMore[西洋絵画名作展]」のモーリス・ド・ヴラマンク『雪景』を見る。北フランスの厳しい冬の情景が描かれているが、とても独特で胸に迫るものがあった。文才が無いので詳しく批評できず残念…

 

以上である。

 

なお、医療従事者や介護施設従事者などの献身的な努力にも関わらず、感染が再拡大始めた。そのため美術館再休館の可能性も捨てきれない。もし、気になっている美術展があれば、マスク着用・3密回避を厳守しながら、早めの鑑賞を推奨する。

 

 

Would you please click this?

My Art Collection →→→→ http://my-art.jugem.jp/?eid=1 ←←←←

 

 

JUGEMテーマ:絵画


スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • -
  • 11:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM